包茎と早漏の関係性

包茎と早漏の関係性

包茎と早漏は男性が抱える課題でしょう。

一般的な身体を持つ男性に比べて、包茎の男性は、射精に至るまでの時間が短いと言われています。

どうしても常時皮に包まれている男性器は刺激に弱い面があり、ちょっとした接触や反応で、射精に到達してしまうデメリットが目立ちます。

包茎は決して悪い状態でもなく、ましてや病気や障害ではありません。
しかし現実的には、早漏を引き起こす原因になりやすく、少し困った状態とも位置付けられています。

刺激に反応しやすい男性器は、どうしても本人の気持ちとは別に、勝手に射精の準備を進めてしまう傾向があります。

経験を積めば、ある程度はコントロールできるものの、早漏体質の男性はなかなか、そのコントロールが出来ず、性行為を始めた途端に、精液が体外に排出されてしまう結果になります。

女性側の理解があれば、そういったコンプレックスを、無闇に治す必要はありません。

包茎と同じように、射精が早いという状態もまた、病気というわけではありません。
ただ、女性側の本音として、ある程度の時間はゆっくりと性行為をパートナーと満喫したいという思いがあります。
実際問題として、早漏の男性とはあまり肉体関係を持ちたくないと話す女性陣も多いです。

早漏は包茎と同様に、日本人男性の大半が抱えている問題と言っても過言ではないでしょう。
早漏は「早くイってしまって恥ずかしい」というだけの問題ではありません。
最近では早漏が原因で破局・離婚など相手女性との不仲に繋がるケースもよく聞きます。
医薬品を利用するなどにより早漏は改善・防止することが可能です。
また、もしもあなたが包茎なら包茎手術するだけで自然と改善されることも望めます。
相手女性のことを思うのならば早漏はすぐにでも改善すべき問題です。


出典元:早漏の改善方法と早漏を防止する医薬品|おくすり購買部

また体質とは別に、年齢によっても早漏になりやすい時期があるとも言われています。
精力と体力が人生の中で最高潮に達すると言われている二十歳前後は、特にその傾向が強いと見られています。

体力と精力がみなぎっている状態は、子作りに適した身体です。
男性の本能として出来る限り、たくさんの回数を射精した方が、子孫繁栄に良いというものがあります。
そのため二十歳前後の男性は早漏になりやすい点があり、本人の意図とは別に、射精の瞬間が早まってしまう事が多くなります。

妊娠を考えていない場合は注意が必要です。
今までの経験の通り、性行為を進めてしまうと、途中で意図せぬ射精の感覚を迎えた際、それを自力で制御する事が出来ないでしょう。
二十歳前後の時期は、早すぎた射精でも大量の精液が排出される事が多く、妊娠のリスクが高まります。
過敏な男性器を持つ人々は、少し注意した方が賢明です。

体質というものは、なかなか年齢を重ねても変わる事がなく、遺伝的な要因が大きい面もあります。

包茎や過敏な男性器は、時間が経ってもあまり改善しないパターンが多く見られ、専門的な治療や、医薬品の摂取といった手段を講じる必要があります。

早漏改善・早漏防止薬の通販|おくすり購買部

このページの先頭へ戻る

早漏の原因と対策方法 包茎と早漏の関係性 早漏とセックスレス 医療機関での早漏治療 早漏防止薬服用方法